2018解説

思考を解き放つということ

☆いぬ年…宗教で教える時間は、時計の時間ではない。精神の奥底に流れる永遠の時である

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月20日から引用

私達には、確かに魂があります。

肉体はいずれ死を迎えますが、魂が消滅することはありません。

魂は、転生を繰り返しながら、自身の探究心によって経験を積んでおります。

さて、そうした魂・精神の永遠性について、私達人間はその事実をほとんど覚えてはおりません。

死んで肉体を離れたとき、その事実を思い出すことが出来ればいいのですが、多くの人は、生前の価値観に捕らわれてしまい、自分自身の考えが作り上げた世界に縛られてしまう。

そうして自身の永遠性と無限性が失われないように、宗教によって、物語によって、さまざまなことが語られてきました。

しかし、宗教は、人を縛り付けるための思想でもあります。

宗教には、救いと罠がある。

何事にも捕らわれることなく、自分自身の感性を高めていくこと。

そのための教えは、宗教の中に、本の中に、自然の中に、人の中に、自分の中に、この世の至る所にあるでしょう。