2018解説

人生における名医とは

☆い年…名医に出会う兆しあり。病はなかなか治らねども心安らか

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月9日から引用

病の際に名医に会うように、人生においてもあなたを導いてくれる人がいます。

名医とそうでない医師の違いは、正しい智恵と判断力があるということでしょう。

病の原因も、人生の停滞の要因も、自分自身の抱えている問題の場合がほとんどです。

人はどうしても、自分がうまくいっていない要因を外部に求めますし、良くなる要因も外部にあると思う節があります。

しかし、ほとんどの場合、病が起こるというのは、自分自身の転換を求められていると考えていいでしょう。

食生活、生活習慣、仕事の内容、対人関係、価値観、それらに対する執着やこだわり。

それらが自分の内側でしがらみや病巣を作っているのに、そこを変えずに要素で補おうとするのは間違いです。

他人や薬に頼ってしまいがちですが、人生も病も、切り抜けるのに必要なのは自分自身の転換。

しかし、自分自身を転換するにも、正しい指針がなくてはいけません。

どちらの方向に進めばいいのか、何を信じればいいのか、そのための導きが必要です。

人生における名医は、あなたに自分らしく生きることを進めるでしょう。

しがらみから離れ、魂が望む生き方ができるように、厳しい言葉を以て導いてくれるでしょう。

変わることを恐れぬように。