物の価値を知る

☆とり年…たとえ一枚の紙でも疎かにするな。売買さほど利が上がらぬが焦るな

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月7日から引用

私達のいる時代は、物に恵まれている時代といえます。

闇雲に資源を消費しながら目先の利益のみを求めた結果、必要以上の物で溢れるようになりました。

私達は日々、物を浪費しておりますが、それぞれの物の大切さを忘れていませんか。

物がありすぎると、その物の大切さを見失ってしまいがちです。

近年、極力物を持たないミニマリストと呼ばれる方々もいるようですが、物とは、あればあるだけいい訳ではありません。

必要最低限の物を大切にすることが、物に対する礼儀です。

さて、物は大切ですが、多すぎる物については、取捨選択する必要があります。

物には、様々な思いが宿ります。

自分の執着の心もそうです。

物を捨てられない人というのは、自分の過去のしがらみを捨てたくない人ともいえます。

物を大切にするためには、物を捨てることも必要なこと。

誰もが自分の必要最低限を知ることができれば、それ以上は物が必要なくなる、そのために物を捨てるのは浪費ではなく、過去の自分との別離と未来に向けた洗練です。

肝心なのは、自分には何が必要かを知るということ。

利を求めた中途半端な物ではなく、本当に自分が求めているものを見つめ、大切にしていきましょう。

他の解説を読む

  • すべての生き物には魂があるすべての生き物には魂がある ☆ね年…一寸の虫にも五分の魂。小事なれども疎かにするな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月10日から引用 この世に存在するものには、すべて魂が宿っております。 人間、動物はもちろんのこと、 […]
  • 人を批判する前に人を批判する前に ☆いぬ年…悪口を言うのは簡単だが、代わりに行おうとすると難しい 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月8日から引用 人を見て、もっと違うように行動出来たらいいのにと思うことがあるでしょう。 そ […]
  • 人生における名医とは人生における名医とは ☆い年…名医に出会う兆しあり。病はなかなか治らねども心安らか 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月9日から引用 病の際に名医に会うように、人生においてもあなたを導いてくれる人がいます。 名医 […]
  • 世界の実体とは世界の実体とは ☆さる年…身体は実にして虚なり。心は虚にして実なり。心を養うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月6日から引用 私達は日々、様々なモノを見て、聞いて、感じて生活しています。 身体の五官の […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村