2018解説

物の価値を知る

☆とり年…たとえ一枚の紙でも疎かにするな。売買さほど利が上がらぬが焦るな

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月7日から引用

私達のいる時代は、物に恵まれている時代といえます。

闇雲に資源を消費しながら目先の利益のみを求めた結果、必要以上の物で溢れるようになりました。

私達は日々、物を浪費しておりますが、それぞれの物の大切さを忘れていませんか。

物がありすぎると、その物の大切さを見失ってしまいがちです。

近年、極力物を持たないミニマリストと呼ばれる方々もいるようですが、物とは、あればあるだけいい訳ではありません。

必要最低限の物を大切にすることが、物に対する礼儀です。

さて、物は大切ですが、多すぎる物については、取捨選択する必要があります。

物には、様々な思いが宿ります。

自分の執着の心もそうです。

物を捨てられない人というのは、自分の過去のしがらみを捨てたくない人ともいえます。

物を大切にするためには、物を捨てることも必要なこと。

誰もが自分の必要最低限を知ることができれば、それ以上は物が必要なくなる、そのために物を捨てるのは浪費ではなく、過去の自分との別離と未来に向けた洗練です。

肝心なのは、自分には何が必要かを知るということ。

利を求めた中途半端な物ではなく、本当に自分が求めているものを見つめ、大切にしていきましょう。