2018解説

世界の実体とは

☆さる年…身体は実にして虚なり。心は虚にして実なり。心を養うべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月6日から引用

私達は日々、様々なモノを見て、聞いて、感じて生活しています。

身体の五官の感覚を信じておりますが、そうして感じている世界は、果たして世界の本当の姿でしょうか。

そもそも、この世界に本当の姿はあるのでしょうか。

私達の目の前に広がる世界は、実体があるとも言えるし、ないとも言えます。

自分の心次第では、目の前の世界を変えることは可能であり、起こる物事も、心の捉え方次第で全く違うものとなります。

身体は、この物質世界を感じるための器に過ぎず、その実体は心なのです。

心が望むままに物質的な恵みがあり、目に見えず確認がとれない心こそ、世界そのものである。

心の大切さを知ることで、世界の在り方に気付くことになるでしょう。

身体と心、それぞれの影響を知るとき。