世界の実体とは

☆さる年…身体は実にして虚なり。心は虚にして実なり。心を養うべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月6日から引用

私達は日々、様々なモノを見て、聞いて、感じて生活しています。

身体の五官の感覚を信じておりますが、そうして感じている世界は、果たして世界の本当の姿でしょうか。

そもそも、この世界に本当の姿はあるのでしょうか。

私達の目の前に広がる世界は、実体があるとも言えるし、ないとも言えます。

自分の心次第では、目の前の世界を変えることは可能であり、起こる物事も、心の捉え方次第で全く違うものとなります。

身体は、この物質世界を感じるための器に過ぎず、その実体は心なのです。

心が望むままに物質的な恵みがあり、目に見えず確認がとれない心こそ、世界そのものである。

心の大切さを知ることで、世界の在り方に気付くことになるでしょう。

身体と心、それぞれの影響を知るとき。

他の解説を読む

  • 人生は、変えてもらうものではない、変えていくものである人生は、変えてもらうものではない、変えていくものである ☆さる年…平等と自由は約束できず。容易く約束する者を信頼するな 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月24日から引用 公の指導者が掲げる目標として、平等や自由を謳うことはあるかもしれません。 […]
  • 問題の所在を間違えぬように問題の所在を間違えぬように ☆さる年…自己の欠点に厳格であり、他人の欠点に寛大であれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月13日から引用 みなさま、自分の人生・自分の計画が上手くいかないことの要因を、何だとお考えでしょうか。 […]
  • 物事への価値観を改めるとき物事への価値観を改めるとき ☆さる年…天地にはもともと名前がなかった。いたずらに名声に走らぬように 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月25日から引用 金・銀・銅に価値を見出しているのは、人間だけ。 ダイヤモンドやサファ […]
  • 困難に立ち向かうための妙法とは困難に立ち向かうための妙法とは ☆さる年…峠の一本松は枝を曲げて風に随う。困難に処する妙法 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月21日から引用 人生において、困難の壁に当たったとき、どう対象すべきなのか。 切り抜けるべき方法 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村