貪りから離れるとき

☆ひつじ年…餓鬼の心になりて事を損ずる。むさぼりから離れよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月5日から引用

人の心というものは、きっかけを作ってしまうと、あっという間に堕ちていきます。

欲に対するむさぼりは、一度許してしまうと体が覚えてしまい、次々に求めずにはいられなくなるでしょう。

食欲、性欲、名誉欲、所有欲、支配欲、それらに対して、中毒のように求めてしまう。

欲に心が奪われてしまえば、物事は本来性を失い、人生の路頭に迷うことになるでしょう。

自分の芯から離れてはなりません。

自分に正しく在れば、欲に溺れることなく、適度に楽しむことができるでしょう。

むさぼるのではなく、たしなむ。

それが分別というものです。

他の解説を読む

  • 物の価値とは何か物の価値とは何か ☆ひつじ年…羊頭を掲げて他の肉を売る。ごまかしに遇いやすしと注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月06日から引用 この世の物には、もともと価値はありません。 そこに価値を付けるのは、 […]
  • 相手に伝えるということ 共有することの有り難さ相手に伝えるということ 共有することの有り難さ ☆ひつじ年…文章、弁舌共に流暢に汝の心を伝える大吉運日 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月28日から引用 人に何かを伝えたいとき、心の内のどれ程を伝えることが出来るでしょうか。 仮に伝えたい […]
  • 言葉の持つ力、家内安全の秘訣を知る言葉の持つ力、家内安全の秘訣を知る ☆ひつじ年…家内安全の呪文は「オンにこにこ腹立てまいぞソワカ」 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月19日から引用 言葉の持つ力の大きさについて。 声に出して言葉を発するというのは、世界にその […]
  • 解説(22日・ひつじ)解説(22日・ひつじ) ☆ひつじ年…自分自身を欺かざる誠の人となれ。今からでも遅くはない 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月22日から引用 人は、必ず年をとり老いていきます。それは、忌むべきことではなく、至極当たり前の […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村