2018解説

貪りから離れるとき

☆ひつじ年…餓鬼の心になりて事を損ずる。むさぼりから離れよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月5日から引用

人の心というものは、きっかけを作ってしまうと、あっという間に堕ちていきます。

欲に対するむさぼりは、一度許してしまうと体が覚えてしまい、次々に求めずにはいられなくなるでしょう。

食欲、性欲、名誉欲、所有欲、支配欲、それらに対して、中毒のように求めてしまう。

欲に心が奪われてしまえば、物事は本来性を失い、人生の路頭に迷うことになるでしょう。

自分の芯から離れてはなりません。

自分に正しく在れば、欲に溺れることなく、適度に楽しむことができるでしょう。

むさぼるのではなく、たしなむ。

それが分別というものです。