2018解説

心と同調した生き方のために

☆み年…道を行くに自らを後回しにして他人を先にするように心がけよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月3日から引用

人が行動するのには、動機が必要なことがあります。

ただ、動機が必要な場合というのは、元々やりたいことではないことが多いかと存じます。

目的のための手段という行動に対して心が働くとすれば、背徳感でしょうか。

自分の行動に、自分の心が伴っていない場合、なかなか苦しい思いをすることでしょう。

さて、行動が心の働きと重なるということが、本来のその人らしい生き方です。

こうしたい、こうするべきだ、と思ったことを、理屈や世間体を抜きに行動出来るかどうか。

ただ、自分の欲を満たすためだけの行動は、自重すべきこともあるでしょう。

中毒のような衝動ではなく、心から幸せに思うこと、周りも幸せに感じることを実践できれば、毎日は大きく変わっていきます。

そのために必要なのは、心の余白です。

心の余白に、その人の本来性というものがあります。

自分らしく生きるためには、何かに追われたり、何かにとらわれたりせず、ゆったりと心の余白を持ちながら生活をすることです。

そうすれば、その時必要な行動がとれることでしょう。

ほんの小さな親切によって、人の心に幸せの種を蒔くこともできるのです。