2018解説

言葉による進化と退化

☆たつ年…会って語らず、以心伝心にて人生の機微を知る

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月2日から引用

言葉ほど便利なものはありません、古来、人は言葉を発し文字を使うことによって脳が発達し、ここまでの進化を遂げてきました。

動物と人間の進化の差は、この言葉や文字にあるといっていいでしょう。

さて、ではそれだけがこの世の真実でしょうか。

実際は、言葉や文字を持つことによる進化は、一つの時代の側面でしかありません。

確かに、言葉や文字は便利です、それによって、同じ言語を共有するものは、意志の疎通ができます。

ただ、本来の人間というのは、言葉を使わずとも意志のやり取りができる。

以心伝心という表現がありますが、心と心で語り合うことができるのです。

その能力が落ちてしまったことが、動物と人間の進化の差ともいえます。

心と心のやり取りは、偽りがありません。

隠し事もありません。

人は、言葉を使うことによって、自分の心を隠すことをしてきました。

自分の真実とは違う言葉を使うことにより、その場をコントロールしようとしたのです。

自分の心を隠し、偽りを以て人と接してきたのです。

しかし、そうしてお互いがお互いに隠し合い自己防衛をし続けてきた結果、相手の心が分からなくなってしまいました。

言葉を重ねることの影響力と、心を通わせることの難しさに気付くとき。

人の機微の深淵なるを知る。