余白の大切さを知る

☆とら年…何事も一服するのに良き日。特に精神的安息が大切なり

東京新聞TOKYO Web
平成30年11月30日から引用

日頃から、仕事と家庭の行き来の中で、毎日があっという間に過ぎてはいませんか。

同じような毎日の繰り返しになると、自分でも気付かぬうちに心が疲弊していることがあります。

心の余裕がなくなってしまうと、その余白に生まれるべき創造性もまた失われてしまう。

本日、息抜きをするに最適な日となるでしょう。

自分の好きなカフェに行くのもいい、神社仏閣や、公園に行って森林浴をするのもいい、好きな食べ物・飲み物をいただくのもいいでしょう。

ほんの五分でもいい、自分のために、1日のうちの余白の時間を作りましょう。

その五分が活力となり、日々の生活が違うように感じられるようになります。

人生が豊かなものになるための五分、ぜひ実施いたしましょう。

他の解説を読む

  • すべての生き物には魂があるすべての生き物には魂がある ☆ね年…一寸の虫にも五分の魂。小事なれども疎かにするな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月10日から引用 この世に存在するものには、すべて魂が宿っております。 人間、動物はもちろんのこと、 […]
  • 人を批判する前に人を批判する前に ☆いぬ年…悪口を言うのは簡単だが、代わりに行おうとすると難しい 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月8日から引用 人を見て、もっと違うように行動出来たらいいのにと思うことがあるでしょう。 そ […]
  • 人生における名医とは人生における名医とは ☆い年…名医に出会う兆しあり。病はなかなか治らねども心安らか 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月9日から引用 病の際に名医に会うように、人生においてもあなたを導いてくれる人がいます。 名医 […]
  • 物の価値を知る物の価値を知る ☆とり年…たとえ一枚の紙でも疎かにするな。売買さほど利が上がらぬが焦るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月7日から引用 私達のいる時代は、物に恵まれている時代といえます。 闇雲に資源を消 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村