2018解説

良心が執着にならぬように

☆み年…病的なほどの良心は臆病となりて前進を遮る

東京新聞TOKYO Web
平成30年11月21日から引用

自分の親しい人には幸せになってもらいたい、それは多くの人が想えることでしょう。

特に、家族・子供に対して想う方が多いのではないでしょうか。

それは親心、親の責任とでもいいましょうか。

さて、親子に限らず、人が人を想う心というのは複雑なものです。

そこには純粋な愛だけでなく、執着やこだわり、支配欲など自分勝手な想いが含まれています。

相手には、こうなってほしい、こうなれば幸せなんだと、相手の人生にこだわり、その考えに執着してはいませんか。

相手が人の道を踏み外しそうな時、注意して違う道を示すことは必要なことですが、常日頃から相手の生き方を決め付けることはいけません。

その人の人生はその人の選択によるものであり、それは自由であるべきです。

人には低迷する時期もあるし、飛躍して隆興する時期もあり、すべてはその人の学びです。

そうした他人の人生に対して、どうにか変わってもらいたいと想うことは、自分のエゴであると思いましょう。

そのエゴを通すのなら、自分の人生は前進することはないと思いましょう。

人を変えるなら自分が変わること。

自分がすべきことを間違えぬように。