2018解説

人生という道の小石について

☆み年…存分に進むが、小石につまずき易し。注意すればよし

東京新聞TOKYO Web
平成30年11月9日から引用

人生を歩んで行きますと、物事が加速していく時があります。

今まで起こらなかった思いも寄らないことが起こり始め、人生が転換していく時です。

そうして先に進むというのは、何も楽しいことばかりではないでしょう。

人と衝突したり、自分の立場が追いやられたり、その場に居辛くなる事もあるかもしれません。

今までの自分ではいられなくなるのです。

それらの辛い出来事は、俯瞰してみれば、人生という道の小石のようなもの。

進んでいく道の上に転がっておりますが、過ぎてみれば、自分の人生に何の影響も及ぼさないでしょう。

起こる出来事を悲観しないように。

大いなる流れは、確かに進んでいるのです。