2018解説

自分自身を愛することの重要性について

☆い年…我は天下一品の者と愛すれば他人も愛を以て迎えてくれる

東京新聞TOKYO Web
平成30年10月22日から引用

自分自身のことについて、好きだと思う人がいれば、嫌いだと思う人もいるでしょう。

自分のことを嫌いだと思う人の方が多いかもしれません。

なぜ好きになれないのか、それは、他者と自分を比較してしまうことにあります。

比較して、自分が劣っていると思ってしまう。

また、本来の自分としての生き方が出来ていないというのも、好きになれない要因でしょう。

成りたい自分があるのに、そう成れていないことに対する不満があるのです。

さて、自分のことは、自分が愛す必要があります。誰かが愛してくれる訳ではありません。

この世界は、自分の感覚感性によって成り立っています。

世界の中心である自分が、自分自身のこと、世界のことを嫌ってしまっては、起こる物事に希望はないでしょう。

この世が好きになれないのは、自分を好きにならないから。この世に希望がないのは、自分が自分自身に希望を持っていないから。

誰も愛してくれないのは、自分自身のことを愛していないからです。一体誰が、自分や世界を嫌っている人の傍にいたいと思うでしょうか。

自分自身についてどう思えるのか、それによって世界の在り方が変わるということを忘れぬように。