2018解説

物事の中程という本質を知る

☆さる年…火鉢が熱すぎて手を出せぬ。過ぎたるは及ばざるが如し

東京新聞TOKYO Web
平成30年10月07日から引用

物事には、何事も程々のラインがあります。相応しい状態があり、足りなくても、過ぎてもいけない。

例えば、油の温度について。天ぷらを揚げるのに、油の温度が低ければカラッと揚がらないし、高すぎれば焦げてしまう。天ぷらを揚げるに丁度良い油の温度がある。

人間関係においては、油の温度のように、分かりやすい状態にはないかもしれません。

特に、それぞれに言い分があり、お互いが正しいと思っていては、判断が難しいでしょう。

しかし、やはり相応しい状態というものがあります。その状態を、目指さなくてはなりません。

物事の本当の正しさ・あるべき姿というのは、所詮人間には分かりません。

人間は、それほど正しくはいられません。

強いていうならば、人間として、個人的な感情や、こだわりやとらわれ、片寄りや蟠りがない状態が、最も本質に近いでしょう。

では、どう生きるべきなのか。

人と接する、また人生において気をつけるべきは、中庸ということです。

どんなに正しいことであっても、やり過ぎてはいけない。また、気付いていながら、見過ごすのもいけない。

どんな物事においても、中庸をいくということです。

この状態が、結局のところ最も発展性があり、またお互いの負担も少ないでしょう。

有耶無耶にするのとは違います。ここは、間違えてはいけません。

中途半端ではなく、中庸。

足りないのではなく、中庸。

やり過ぎでもなく、中庸。

すべきことはする、しかしやり過ぎない。

片寄りすぎず、こだわりすぎない。

中庸を維持するためには、自分の感情から離れて、物事を俯瞰して見るのです。

これより、中庸を生きるということの本質を、体感していきましょう。