2018解説

不安であるが故に

☆いぬ年…悪天候続きより、晴天続きの方が苦しい。幸せ続きも不安の元

東京新聞TOKYO Web
平成30年9月27日から引用

生きておりますと、さまざまな時期がございます。

順風満帆にいくこともあるかもしれませんが、基本的に、人は苦しみの中を生きることになります。

人生は苦である、これは間違いありません。

人の在り方自体が、苦しみなのですから。

死に向かい進み、老いていく。出会うけれど別れる、心が安らぐことは少なく、常に不安を覚える。

こうした人間ですから、人生は良いことなどほとんどないということを、知っています。

そのため、幸福が長く続くと、こんなに幸せでいいものかと、この先に何か不幸が待ち受けているのではないかと、不安を感じずにはいられない、そうして苦しくなるのです。

しかし、これらの認識は全て、無知が故に起こること。

人は、無知の状態から学んでいくことで、こうした認識・価値観から脱却することが可能です。

人を縛り、心を苦しめるこの世の価値観、世界のルールというものは、その中にいては大変ですが、そこから出ることは、実はそんなに難しいことではありません。

変化を恐れずに、抵抗を手放せば、平穏はすぐそこにあるのです。

まずは、不安、という感情を手放しましょう。

不安は、心配とは違います。心を配ることはさほど悪いことではありませんが、不安はよくない。

不安を感じていては、更なる不安を呼び寄せ、不安な毎日を生き続けることになります。

この世は、あるがまま、そのままなのです。何も、不安を覚えることはありません。

変化はこの世の常であり、自分自身もまた、大きく変化していくのです。

すべては、心の状態によって、展開していく。そのことの真意が分かれば、平穏無事は、もうすぐそこにあるでしょう。