2018解説

有り難うが生み出すことについて

☆ひつじ年…自分の居る環境に卑下しなければ開運あり。自己尊重の念が汝を救う

東京新聞TOKYO Web
平成30年9月24日から引用

あなたは、自分を取り巻く今の環境に満足していますか、その中に身を置いて、幸せですか。

何かが足りない、欠けていると思って過ごしていれば、日頃の生活が面白くないだけでなく、これから起こるはずの幸運も遠ざかってしまいます。

今の自分の環境は、足りていないわけでも、欠けているわけでもなく、カタチを変えているのだと思いましょう。

目に見えぬところにある幸福に気付くのです。

足りないものはやがてやってくるでしょう、欠けているものはカタチを変えてそこにあるでしょう。

今までのことに感謝し、今を信じること。

自分の運命を信じることこそ、これからの幸運の鍵と知るべし。