2018解説

言葉を慎むことの真意

☆うま年…舌は禍の根幹。本日はよく口を慎め

東京新聞TOKYO Web
平成30年9月23日から引用

口から出す言葉は、気をつけなくてはなりません。

古来より、さまざまな故事によって、言葉から起こる禍が語られてきました。

それらは決して、大袈裟な表現ではないのです。

口に出したことは、起こる。

禍は起きます。

身近な人に聞いてみてください、あなたが普段つい口にしてしまう言葉はありませんか。

つぶやくように、口にすることはありませんか。

そうして、自分でつぶやいていることにより、物事は引き寄せられているのです。

そうして口に出した言葉が現実として、自分の身に起きていくのです。

それは、言葉の持つ力。

その言葉が、無意識であればあるほど、現実に起こってくるでしょう。

例えば、何かをずっと心配するような事をつぶやく人には、心配しなければならないことが起こります。

例えば、自分のことを見てほしいとつぶやく人には、認めてもらえない現実が引き寄せられます。

基本的に、無意識に口から出る言葉というのは、ネガティブなもの。

そのネガティブな要素が引き寄せられて、より一層、つぶやくことの中に身を置かねばならなくなる。

どうか、口に出すことを気をつけてください。慎んでください。

まずは、そのことを気をつけることから始めましょう。