2018解説

物事へのこだわりと抵抗を手放す

☆うし年…時を止めた者はいない。変化を恐れる事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年9月18日から引用

時が止まることはありません。

幸せの絶頂であっても、絶望の淵であっても、必ず時は流れ、その状態は変化していきます。

時の経過とともに、人はみな、老いて生きますし、物はみな、朽ちていきます。

物事を、今のまま、そのままがいい、と思うことは、自分の我が儘でしかないのです。

全ての物事は、移り変わってゆきます。

それが物事の本質であり、あるがままである、ということです。

変化を恐れずに、受け入れていきましょう。

受け入れるとは、熱鉄を飲むようなことではありません。

心に蟠りがなければ、さらさらと受け入れることが出来るでしょう。

変化を恐れてしまうというのは、物事の変化に対して抵抗しているということ。

抵抗は、停滞しか生み出しません。

物事に対する抵抗をすべて手放せば、感情の凝り固まりに気付くでしょう、思いもよらず気持ちが自由になり、まったく違った心の状態になります。

変化を恐れず、抵抗せず。

すべてはあるがまま、そのままなのです。