2018解説

永遠とは、どこにあるのか

☆いぬ年…永遠とは遥か先にあらず。今ここのその時にあり

東京新聞TOKYO Web
平成30年9月15日から引用

時間という概念について、どのようにお考えでしょうか。

時間というのは、この世界に流れている普遍的な法則であって、それは古来から未来永劫、変わらずに在り続けるもの。

そのように思われるかもしれません。

しかし、その価値観は、あなた自身の錯覚です。

世界は、自分が居なくても在り続けると思ってはいませんか。時間は、自分が居なくても流れ続けると思ってはいませんか。

この世界というのは、あなた自身が感じている“今”しか存在しておりません。

本来、そこには過去も未来も、ないのです。

“今”を遡ると過去があり、“今”から続く未来があると思っておられるかもしれませんが、それは時間軸の上に乗っている訳ではないのです。

すべては、“今”この瞬間の中にあり、自分の外に時間の流れがある訳ではありません。

そのため、過去がどうであっても、“今”が変わっておれば、全く違う人生となるのです。

統計的な未来は、存在しません、あるのは、“今”だけです、“今”が変われば、思ってもみない未来となります。

過去、未来、すべては同じ時間軸にある、それは全て錯覚です。

世界とは、あなた自身であり

無限とは、あなた自身であり

永遠とは、あなた自身であり

奇跡とは、あなた自身である

すべては、あなたの“今”でしかないことに気付くとき。