2018解説

物事の原点に立ち帰るとき

☆たつ年…人の智恵のみで解決できる問題は知れている。自然に学ぶべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月28日から引用

人の営みについて、自然と共に生きていた時代は終わり、文明社会へとなりました。

科学による物質的な恩恵を受ける毎日の中で、人は頭で物を考えるようになりました。

しかし、頭で物事を考えるのには限界があります。所詮はちっぽけな人間の浅知恵でしかありません。

その生み出された物事には、想像力が欠けているのです。

物に囲まれ、体感よりも頭を使うようになればなるほど、人としての想像力の幅は小さくなってまいります。

答えのある物事を求めすぎて、物事の深みに潜る術を失ってしまったのです。

その深みの中にこそ、万物の理があるのです。

そして、悩みの答えもまた、自然の中にあります。

自然の中においては、すべては循環するありのままの世界しか存在しておりません。

ありのままを、我が儘にしているのは、人の頭で考えるという行為です。

人生に起こることも全て、ありのまま、あるがままである。

そのことを自然から学ぶことができれば、悩みから抜け出すことができるでしょう。

決して我が儘にならぬように。