2018解説

五官の楽しみとは何か

☆い年…晴れた日に石庭を眺めて無音の音を聴き精神爽快

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月23日から引用

俗世で生きておりますと、日々さまざまな刺激にさらされることになります。

家の中でも、街を歩いても、様々な人工的な光や機会音の中を過ごしておりますが、それらはもはや生活の一部として、気にも止めないものになっております。

映像や音楽などの視覚的・聴覚的な刺激は人にとっての娯楽ですが、五官の刺激というのは人の欲と直結しておりますので、だんだんと刺激の強いものに惹かれていく傾向にあるでしょう。

さて、こうして日々五官に対する刺激を受け続けている訳ですが、自らの心身は、本当にそれを良しとしているのでしょうか。

刺激を求め続け、暇さえあればスマホをいじるのもいいですが、時には五官に対する静けさを感じてみませんか。

心の喜びは、刺激にあらず。

自分の心身が風景に溶け込むような静けさの中で、心が緩やかに解れていく。

五官の刺激を求めることの空虚さを知ることにより、真の五官の喜びを知るとき。