2018解説

影響力のある話し方とは

☆うま年…最後に言うべき事を最初に言っては興ざめとなる。言葉に注意

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月18日から引用

人に言葉をかけるとき、そのかけ方によって、人に対する説得力が違ってまいります。

特に、話し始めと、話しの終わりの言葉は重要です。

話し始めについて、ここでどんな言葉をかけるかにより、相手が話しを聞く姿勢になれるかどうか、が決まってきます。

相手が心を開きやすくなるように、話しを受け入れてもらえるように、相手との関係性も鑑みながら、言葉を選びましょう。

さて、話しの終わりの言葉ですが、こちらは相手にとって、未来に繋がる言葉となります。

その言葉は、余韻を持つことになりますので、相手にとって影響力のある言葉なのです。

話しの締めくくりとして、相応しい言葉を選びましょう。

どんなに優れた内容であっても、この話し始めと、話し終わりの言葉がなければ、説得力のある話しにはなり得ません。

話す順序、話す言葉を間違えぬように。

言葉の持つ影響力の大きさを知るとき。