2018解説

人を形成している価値観について

☆たつ年…自主独立の志を持って進むべし。されど他人の自主も尊んで蔑む事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月16日から引用

人の思想・価値観は、どこまでが自分の本質なのでしょう。

人は生まれてから今日まで、様々な価値観を植え付けられていきます。

特に大きな影響は、親の価値観と、社会の価値観でしょう。

社会の中で自己を形成するにあたっては、親や社会の価値観が必要な場合もあります。

しかし、それらはあくまでも自分以外の価値観に過ぎません。

自分の本質を生きるとは、こういった外からの価値観を脱ぎ捨て、本質に立ち返るということ。

そうして自らの価値観のみで生きることこそ、真の自主独立であります。

さて、自分の本質はもちろんのこと、人には人の本質があります。

その本質こそが、その人の生きる道。

親を親と思わず、子を子と思わず、人それぞれ独立した本質であると見極めて接すること。

他者に自分の価値観を押し付けず、自分の価値観が絶対だと思うことなかれ。