2018解説

生きることの尊厳に気付く

☆ね年…如何なる荒波でも、決して覆らぬ船の上。心を落ち着けよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月12日から引用

動じぬ心、腹の据わった状態というのは、外界の如何なるにも及ばされることはありません。

物事に振り回されることなく、感情が作用することもない。

他と比べることはなく、自らの真によって生きるということ。

唯一独立してこそ、自らの尊厳に気付くことができるのです。

まさに天上天下唯我独尊也。