2018解説

物事を考えるとは

☆い年…あまり頭を使いすぎず、腹で考えるべし。丹田を鍛えよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月11日から引用

人は、物事を頭で考えると、つい損得を考えてしまいがちです。

自分にとっての利害を考え、世間・他人とのバランスを考える。

しかし、それでは本当の答えにはなかなか辿り着けないでしょう。

では、心で考えてはどうか。

心で考えてしまうと、ついつい感情的になってしまいがちです。

物事を嬉しい楽しいや、同情や憐れみでもって考えてしまっては、やはり本当の答えには辿り着くことは難しいでしょう。

物事は、腹で考えるべきなのです。

損得でもなく、感情的でもない。物事の真実をどっしりと受け入れて練り出す。

腹の据わった考えというのは、他の価値観に左右されることのない、自分の真実であると心得ましょう。

丹田を鍛えることにより、自分の真実に近付くと気付く良日。