精進なくして智恵はない

☆いぬ年…智恵は精進より来る。努力勉励して妙案出る

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月10日から引用

常に妙案ある人は、常に精進の人である。

精進なくして智恵はなく、智恵なくして妙案は出ない。

智恵のある人は、努力せずに元々智恵が付いている訳ではありません。

凡夫が思いも付かないような精進を、日々しているのです。そしてそのことは、一切公言しないでしょう。そのために智恵ある人は、ノホホンと見えるかもしれません。

真理に気付くとは、何も楽しいことばかりではないのです。煩悩と魑魅魍魎の世界で鈍感に生きる人達に、気付いてしまう。

その事実は受け入れるより他なく、そういった世界の在り方に気付いたとき人は、智恵を得ることになる。

真理を見つめても耐えることのできる精神性がなければ、人は気付くこともなく終わっていきます。

精神性を高めるための精進であり、自分の真実に気付くための精進であり、世界の真理に触れるための精進であり、その鍵が智恵である。

日々の精進の大切さを知るとき。

他の解説を読む

  • 正しさを歩んでいくことの難しさの中で正しさを歩んでいくことの難しさの中で ☆い年…良き師匠を得て道筋を得るべし。何事にもまず師匠探しから 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月10日から引用 物事を理解していくにあたって、自分一人で学んでいくのはなかなか難しいでしょう。 […]
  • ようやく実る、その時が来ましたようやく実る、その時が来ました ☆とり年…大輪の花が半ば開ける象。もうあと一歩のところ、焦ることなかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月08日から引用 今までの努力が実る時が来ました。 これまで、どれだけ大変だったこと […]
  • 物事との向き合い方を改める物事との向き合い方を改める ☆いぬ年…黙して騒がず、小手先で物事を為す事をやめて万事順運 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月09日から引用 物事が起こったとき、動く気がない人ほど、そのことについて騒ぎ立て、感情を露わにしま […]
  • 物事の中程という本質を知る物事の中程という本質を知る ☆さる年…火鉢が熱すぎて手を出せぬ。過ぎたるは及ばざるが如し 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月07日から引用 物事には、何事も程々のラインがあります。相応しい状態があり、足りなくても、過ぎても […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村