まぁいいか、で見逃していること

☆ひつじ年…山に薄雲かかる象。難無きも心を許す事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月7日から引用

まぁいいか、という発想があります。

様々な場面において適用されますが、これはした方がいいけれど、しなくてもまぁいいか、のまぁいいかですね。

また、少し気になるけれど、まぁいいか、のまぁいいかかもしれません。

物事は、そういったまぁいいかで流しても、一見すると何も変化のないことが多々あります。

それにより人は、やはりしてもしなくてもいい、という発想になってしまいますが、目に見える状況は変化がなくても、目に見えないエネルギーの世界では、大きく異なる様相があります。

実際に行動に起こせるかどうか、些細なことでも、思い付いたことについて、まぁいいかで終わらせずに一つ一つ為していくことができるかどうか。

そのほんの少しのことで、停滞していたエネルギーが動き出し、物事の巡りがよくなり、日々が好転していくことがある。

毎日を改めて見直すとき。

他の解説を読む

  • すべての生き物には魂があるすべての生き物には魂がある ☆ね年…一寸の虫にも五分の魂。小事なれども疎かにするな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月10日から引用 この世に存在するものには、すべて魂が宿っております。 人間、動物はもちろんのこと、 […]
  • 人を批判する前に人を批判する前に ☆いぬ年…悪口を言うのは簡単だが、代わりに行おうとすると難しい 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月8日から引用 人を見て、もっと違うように行動出来たらいいのにと思うことがあるでしょう。 そ […]
  • 人生における名医とは人生における名医とは ☆い年…名医に出会う兆しあり。病はなかなか治らねども心安らか 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月9日から引用 病の際に名医に会うように、人生においてもあなたを導いてくれる人がいます。 名医 […]
  • 物の価値を知る物の価値を知る ☆とり年…たとえ一枚の紙でも疎かにするな。売買さほど利が上がらぬが焦るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月7日から引用 私達のいる時代は、物に恵まれている時代といえます。 闇雲に資源を消 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村