まぁいいか、で見逃していること

☆ひつじ年…山に薄雲かかる象。難無きも心を許す事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月7日から引用

まぁいいか、という発想があります。

様々な場面において適用されますが、これはした方がいいけれど、しなくてもまぁいいか、のまぁいいかですね。

また、少し気になるけれど、まぁいいか、のまぁいいかかもしれません。

物事は、そういったまぁいいかで流しても、一見すると何も変化のないことが多々あります。

それにより人は、やはりしてもしなくてもいい、という発想になってしまいますが、目に見える状況は変化がなくても、目に見えないエネルギーの世界では、大きく異なる様相があります。

実際に行動に起こせるかどうか、些細なことでも、思い付いたことについて、まぁいいかで終わらせずに一つ一つ為していくことができるかどうか。

そのほんの少しのことで、停滞していたエネルギーが動き出し、物事の巡りがよくなり、日々が好転していくことがある。

毎日を改めて見直すとき。

他の解説を読む

  • ようやく実る、その時が来ましたようやく実る、その時が来ました ☆とり年…大輪の花が半ば開ける象。もうあと一歩のところ、焦ることなかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月08日から引用 今までの努力が実る時が来ました。 これまで、どれだけ大変だったこと […]
  • 物の価値とは何か物の価値とは何か ☆ひつじ年…羊頭を掲げて他の肉を売る。ごまかしに遇いやすしと注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月06日から引用 この世の物には、もともと価値はありません。 そこに価値を付けるのは、 […]
  • 物事の中程という本質を知る物事の中程という本質を知る ☆さる年…火鉢が熱すぎて手を出せぬ。過ぎたるは及ばざるが如し 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月07日から引用 物事には、何事も程々のラインがあります。相応しい状態があり、足りなくても、過ぎても […]
  • 理屈ではない本質を見つめる理屈ではない本質を見つめる ☆うま年…頭数が多くとも大志ある者には敵わず。大勇を持て 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月05日から引用 志というのは偉大である。 志は、自分の人生において重要な指針となり、また自分を戒 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村