物事が成ったときこそを知る

☆うま年…青山に妙鳥が悠然と飛ぶが狩人近くに来る象。調子に乗るな

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月6日から引用

みなさま、物事が足元から崩れていくとき、どういう状態・タイミングであるとお思いでしょうか。

物事に取り組んでいる間、特に取り組み始めの頃は、気負い過ぎなくらい気持ちがしっかりと入っております。

様々なことに意識が向き、堅実に物事をこなしていくことでしょう。

では、取り組み始めてしばらく経った頃は、どうでしょう。

この頃になると、始めの熱が冷めて、物事を冷静に客観的にとらえられるようになります。

勢いで始めてしまったことならば、続けるかどうか悩むこともあるかもしれません。

自分の道だと思えるのなら、静かに淡々とこなしていく姿勢に変わってくることでしょう。

しかし、冷静である分、失敗も少ないことでしょう。

では、物事が大きく崩れるときというのは、どういう時なのか。

それは成功間近、そして成功した後であります。

特に、物事が成功した後というのは、今までの努力と苦労が報われた分、気持ちが大きくなりやすく、諸所に気が回らなくなります。

自分を労う気持ちが起こり、また成功に酔いしれたい気持ちもある。

この瞬間というのが、最も物事が崩れていくときなのです。

せっかく物事が成っても、良いことにならない、それは自分の心の弱さが招いた結果である。

物事を成し遂げ、物事を得たときこそ、今まで以上に気をつけること。

それこそが、成功の秘訣であるということを忘れぬように。

他の解説を読む

  • 物事との向き合い方を改める物事との向き合い方を改める ☆いぬ年…黙して騒がず、小手先で物事を為す事をやめて万事順運 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月09日から引用 物事が起こったとき、動く気がない人ほど、そのことについて騒ぎ立て、感情を露わにしま […]
  • 物事の中程という本質を知る物事の中程という本質を知る ☆さる年…火鉢が熱すぎて手を出せぬ。過ぎたるは及ばざるが如し 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月07日から引用 物事には、何事も程々のラインがあります。相応しい状態があり、足りなくても、過ぎても […]
  • ようやく実る、その時が来ましたようやく実る、その時が来ました ☆とり年…大輪の花が半ば開ける象。もうあと一歩のところ、焦ることなかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月08日から引用 今までの努力が実る時が来ました。 これまで、どれだけ大変だったこと […]
  • 物の価値とは何か物の価値とは何か ☆ひつじ年…羊頭を掲げて他の肉を売る。ごまかしに遇いやすしと注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月06日から引用 この世の物には、もともと価値はありません。 そこに価値を付けるのは、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村