物事の対価 善報、悪報を知る

☆み年…労を尽くしても、必要以上にその報いを求めなければ必ず善報あり

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月5日から引用

人はとかく、何事に対しても、自分の価値観に基づく対価を求める傾向があります。

仕事をした時は、その対価を。人と接して優しさを与えたらその対価を。恋人に愛を語ったらその対価を。お金を払ったらその対価を。

しかし現実は、自分の納得のいくような対価が得られているでしょうか。

さて、物事に対する行為による報いは、絶対的な法則の上に成り立っております。

それは感情や価値観を超えた絶対的なものであり、厳格なルールがあります。

そしてその報いは、間違いのない正しい対価なのです。

現実は、対価が常に不足しているのではなく、常に妥当である。

そこに納得がいかないのは、誤った価値観を持ち続け、真実・現実を見ようとしない自分自身の問題なのです。

では、対価のルールとは何か。

それは、自分が発したエネルギーと同等の質のエネルギーが返ってくるということ、それだけです。

例えば、人に優しく接した時、自分の心の状態が本当に優しさで満ち溢れているなら、それは同等の善報があるでしょう。

しかし、一見すると人に優しく接した対応であっても、心の中でその人を馬鹿にしたり、面倒だと思えば、その重たく冷たい無機質なエネルギーと同等の悪報があるでしょう。

お金を払うこともそうです。お金はエネルギーなので、どういう思いでお金を使うかによって、お金が入ってくるかどうかが変わってきます。

善報、悪報は、自分の心の中の問題なのです。

また、報いとして返ってくることは、若干のタイムラグがありますので、良いことを善い心で行い、あとはそのした行為自体を忘れて過ごす、位が丁度良いということを心得て、日々過ごしてましょう。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村