物事の対価 善報、悪報を知る

☆み年…労を尽くしても、必要以上にその報いを求めなければ必ず善報あり

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月5日から引用

人はとかく、何事に対しても、自分の価値観に基づく対価を求める傾向があります。

仕事をした時は、その対価を。人と接して優しさを与えたらその対価を。恋人に愛を語ったらその対価を。お金を払ったらその対価を。

しかし現実は、自分の納得のいくような対価が得られているでしょうか。

さて、物事に対する行為による報いは、絶対的な法則の上に成り立っております。

それは感情や価値観を超えた絶対的なものであり、厳格なルールがあります。

そしてその報いは、間違いのない正しい対価なのです。

現実は、対価が常に不足しているのではなく、常に妥当である。

そこに納得がいかないのは、誤った価値観を持ち続け、真実・現実を見ようとしない自分自身の問題なのです。

では、対価のルールとは何か。

それは、自分が発したエネルギーと同等の質のエネルギーが返ってくるということ、それだけです。

例えば、人に優しく接した時、自分の心の状態が本当に優しさで満ち溢れているなら、それは同等の善報があるでしょう。

しかし、一見すると人に優しく接した対応であっても、心の中でその人を馬鹿にしたり、面倒だと思えば、その重たく冷たい無機質なエネルギーと同等の悪報があるでしょう。

お金を払うこともそうです。お金はエネルギーなので、どういう思いでお金を使うかによって、お金が入ってくるかどうかが変わってきます。

善報、悪報は、自分の心の中の問題なのです。

また、報いとして返ってくることは、若干のタイムラグがありますので、良いことを善い心で行い、あとはそのした行為自体を忘れて過ごす、位が丁度良いということを心得て、日々過ごしてましょう。

他の解説を読む

  • 物事との向き合い方を改める物事との向き合い方を改める ☆いぬ年…黙して騒がず、小手先で物事を為す事をやめて万事順運 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月09日から引用 物事が起こったとき、動く気がない人ほど、そのことについて騒ぎ立て、感情を露わにしま […]
  • 物事の中程という本質を知る物事の中程という本質を知る ☆さる年…火鉢が熱すぎて手を出せぬ。過ぎたるは及ばざるが如し 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月07日から引用 物事には、何事も程々のラインがあります。相応しい状態があり、足りなくても、過ぎても […]
  • ようやく実る、その時が来ましたようやく実る、その時が来ました ☆とり年…大輪の花が半ば開ける象。もうあと一歩のところ、焦ることなかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月08日から引用 今までの努力が実る時が来ました。 これまで、どれだけ大変だったこと […]
  • 物の価値とは何か物の価値とは何か ☆ひつじ年…羊頭を掲げて他の肉を売る。ごまかしに遇いやすしと注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月06日から引用 この世の物には、もともと価値はありません。 そこに価値を付けるのは、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村