自分の世界の狭さを知る

☆たつ年…得意にあぐらをかくと背後よりひっくり返される

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月4日から引用

人は日々、様々なことを経験し、体得してまいります。体験は糧となり、自信となることもあるでしょう。

初めてのことであっても、経験を重ねることにより慣れ親しんでいく。そしてやがて、高を括ってしまうことがある。

これは、自分で物が分かっていると思っている人ほど陥りやすいことであります。

物事を、自分の狭い価値観でしか判断せず、それがその物事の真実であると、見誤る。

そうして人は、見解を狭めていき、広がりある学びの場を失っていくのです。

どんな物事であっても、自分が感じ得ていない深みがある。その深みは、物事の真理へと通じており、それは等しく世界の真理である。

それ故に、一つの物事だけを究めることを止めない人が、万物の真理に近付くことができるのです。

しかし、どこかで人は、自分は達したと勘違いをしてしまう。そう思い上がった時、その人の世界は完成されてしまい、それ以上の深みや広がりを得る機会を失ってしまう。

思い上がり、高を括ることの真実を知りましょう。

他の解説を読む

  • 真の温かさを知る真の温かさを知る ☆うし年…温暖な心をもって人に接するのは良いが、冷淡な目も必要 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月11日から引用 人としての正しさについて。 人はどうあるべきか、という問いに対する答えは人 […]
  • 人生における名医とは人生における名医とは ☆い年…名医に出会う兆しあり。病はなかなか治らねども心安らか 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月9日から引用 病の際に名医に会うように、人生においてもあなたを導いてくれる人がいます。 名医 […]
  • すべての生き物には魂があるすべての生き物には魂がある ☆ね年…一寸の虫にも五分の魂。小事なれども疎かにするな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月10日から引用 この世に存在するものには、すべて魂が宿っております。 人間、動物はもちろんのこと、 […]
  • 人を批判する前に人を批判する前に ☆いぬ年…悪口を言うのは簡単だが、代わりに行おうとすると難しい 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月8日から引用 人を見て、もっと違うように行動出来たらいいのにと思うことがあるでしょう。 そ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村