自分の世界の狭さを知る

☆たつ年…得意にあぐらをかくと背後よりひっくり返される

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月4日から引用

人は日々、様々なことを経験し、体得してまいります。体験は糧となり、自信となることもあるでしょう。

初めてのことであっても、経験を重ねることにより慣れ親しんでいく。そしてやがて、高を括ってしまうことがある。

これは、自分で物が分かっていると思っている人ほど陥りやすいことであります。

物事を、自分の狭い価値観でしか判断せず、それがその物事の真実であると、見誤る。

そうして人は、見解を狭めていき、広がりある学びの場を失っていくのです。

どんな物事であっても、自分が感じ得ていない深みがある。その深みは、物事の真理へと通じており、それは等しく世界の真理である。

それ故に、一つの物事だけを究めることを止めない人が、万物の真理に近付くことができるのです。

しかし、どこかで人は、自分は達したと勘違いをしてしまう。そう思い上がった時、その人の世界は完成されてしまい、それ以上の深みや広がりを得る機会を失ってしまう。

思い上がり、高を括ることの真実を知りましょう。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村