困難に立ち向かうときの心得について

☆う年…困難あれば白紙の原点に戻って新たに出発する覚悟を持つべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月3日から引用

人生とは学びの道。

常に様々な困難に立ち向かい、気付きを起こし乗り越えていくことで、人は成長していきます。

自分の周りに起こる出来事は全て、自分が成長するために必要な気付きがあると思って差し支えありません。

起こる困難は多種多様であり、自分の身体のことがあれば、家族間のトラブル、他人との人間関係、仕事でのことなど様々。

そうした困難の中で、どうしても乗り越えられないと、心が折れてしまいそうなものと直面することがあるかもしれません。

もしも困難との立ち向かい方に悩んだ時は、いっそのこと今までの思想の全てを捨ててしまう覚悟をしましょう。

人生の滞りは、思想・価値観の滞りである。

自分の発想を転換することで、大きく発展する物事があるということを知りましょう。

思想や価値観、立場や関係性を、後生大事に握り締めることで、そこから身動きが取れなくなっているということがあるのです。

人生の発展は、自由な心にこそある。

自由で伸びやか、それこそが、どんな困難も突破出来る合い言葉である。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村