困難に立ち向かうときの心得について

☆う年…困難あれば白紙の原点に戻って新たに出発する覚悟を持つべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月3日から引用

人生とは学びの道。

常に様々な困難に立ち向かい、気付きを起こし乗り越えていくことで、人は成長していきます。

自分の周りに起こる出来事は全て、自分が成長するために必要な気付きがあると思って差し支えありません。

起こる困難は多種多様であり、自分の身体のことがあれば、家族間のトラブル、他人との人間関係、仕事でのことなど様々。

そうした困難の中で、どうしても乗り越えられないと、心が折れてしまいそうなものと直面することがあるかもしれません。

もしも困難との立ち向かい方に悩んだ時は、いっそのこと今までの思想の全てを捨ててしまう覚悟をしましょう。

人生の滞りは、思想・価値観の滞りである。

自分の発想を転換することで、大きく発展する物事があるということを知りましょう。

思想や価値観、立場や関係性を、後生大事に握り締めることで、そこから身動きが取れなくなっているということがあるのです。

人生の発展は、自由な心にこそある。

自由で伸びやか、それこそが、どんな困難も突破出来る合い言葉である。

他の解説を読む

  • 理屈ではない本質を見つめる理屈ではない本質を見つめる ☆うま年…頭数が多くとも大志ある者には敵わず。大勇を持て 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月05日から引用 志というのは偉大である。 志は、自分の人生において重要な指針となり、また自分を戒 […]
  • 解決策は妥協ではなく融和である解決策は妥協ではなく融和である ☆たつ年…のろまなロバと速い馬の間で悠然と歩みて成功あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月03日から引用 人と人は、それぞれに違った価値観を持っております。 その価値観は、土地によっても […]
  • 心の自由を取り戻すとき心の自由を取り戻すとき ☆み年…心は悠々として楽しみ多し。拘りて自らを縛りつけぬように 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月04日から引用 心というのは、本来自由なものです。 そうした自由な性質がありながら自由にな […]
  • 慣れていく毎日の中で慣れていく毎日の中で ☆う年…誠は夢に兆す。夢の判断を大切にして難を免れる 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月02日から引用 人は、生きていかなければならないが故に、毎日の中に馴染んでいきます。 どんなに瞬間的 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村