2018解説

人としての醜さについて

☆とら年…醜さは誰にでもあるが、だらしなさは怠けた人間にしかない

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月2日から引用

人はとかく、人としての醜さについて、内面の醜さよりも、外見の醜さばかりに目がいく傾向があります。

顔の造りや体のバランスをみて、醜いかどうか判断をする。しかしそんな見方で、人の何が分かるでしょうか。

どんなに外見の美しい人であっても、大小の排泄をする、鼻水を流す、おならもげっぷもするでしょう。それは生き物として当然の行為であり、どんな人間も、身体から出るものは、そんなものです。

人としての醜さは、内面にこそあります。

嫉妬や怒り、傲慢や無知、自分勝手な心の動きは、まさに人としての醜さであります。

しかし、この醜さは、人として当たり前のこと。醜くない人間など、どこにもおりません。

だからこそ人は、恥を知ることによって、学んでいくのです。

さて、人としての問題は、醜いことではなく、寧ろだらしがないということでしょう。

だらしなさは、人をますます恥知らずな無知にさせます。

向上しようとしない、自分を省みない、人と同化して自分を律することをしない。

そうして人は、その時その時を怠けることにより、だらしなさが身に付いてきてしまう。

だらしなさは、だらしなさを呼び、コミュニティーを広げていく。そうして、その行為がだらしないことが、分からなくなってしまう。

そのだらしなさこそが、真の醜さであると肝に銘じておきましょう。