相反する人との接し方について

☆うし年…水と油が相交わらぬ意あり。和平の心を養うべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年8月1日から引用

人は、それぞれ皆違った個性と価値観を持っております。

そのため、自分と近しい感性の人がいれば、自分と相反する感性の人も、当然いることでしょう。

では、どんな人とでも仲良くするのが和平の道か、といえば、そうではありません。

相反し相交わらぬものは確かに存在し、そこと交わろうとすること自体、無理のある話。

交わろうとするから、無理が生じるのです。

人と接するとは、どうにか交わる道を探すことではなく、自分とは違った人を否定するのでもなく、違いを認め合うことです。

違いを認めるとは、否定することではありません。どちらも、尊くて至らない人間の感性。どちらが正しいか、ではなく、どちらも本人にとって正しいということ。

お互いが否定せず認め合うことができれば、自ずと各々の良さが見えてきて、感化されることもあるでしょう。それこそが、和平であると心得ましょう。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村