大切にすべきを見極める

☆み年…新しき物を求める前に今ある物を大事にして大吉運

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月24日から引用

人の欲求は止まる所を知らず、特に物欲などは、次から次へと真新しい物に関心がいくのが凡夫の悩み。

たとえ手に入れた所で、一時の所有欲が満たされるのみで、また次の物に目がいってしまう。

これは自分の我欲の問題、とも言い切れません。

そうした消費の欲求を作っているのは、この社会であり、世間でもあります。それが資本主義経済と言ってもいいでしょう。

これは、分かりやすい解脱への道です。

足るを知るということ。

『今』の有り難みを知ることができれば、たちまちに解決するでしょう。

地に足を付けて、自分の今を見つめること。足りていないという発想ではなく、今日の無事を感謝すること。

感謝で以て物事を見つめていけば、本当に大切にすべきは何なのかが、見えてくることでしょう。

世の中に振り回される生き方から解脱するとき。

他の解説を読む

  • 自分の在り方を知る自分の在り方を知る ☆み年…どことなく響き来る梵音。汝の不運は吉運へと転ずる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月22日から引用 自分が絶望の淵に沈んでいるとき、哀しみに暮れているとき、明日への希望が見えないとき、どう […]
  • 世界の真実を知り、実行するとき世界の真実を知り、実行するとき ☆う年…真実の法の言葉を聞く人は至福者である 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月20日から引用 人は、生きる上で、自分でも気付かない無意識の中で信じていることがあります。 その信じているもの […]
  • 奇跡を起こす行動とは奇跡を起こす行動とは ☆たつ年…利口ぶる人はその場では誉められるが明日に続かず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月21日から引用 今の世の中は、とかく合理的であったり、利口であることを求められます。 それ自体は、 […]
  • 変わらないことへの不安について変わらないことへの不安について ☆とら年…生まれる環境は選べぬ。悩みても骨折り損となり易し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月19日から引用 人は、生まれてから、その環境を選び直すことはできません。 どんなに自分にとって悩 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村