2018解説

人に伝える、言葉を発するということについて

☆とら年…人を人と思わずして不祥の兆しあり。批判を避けよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月21日から引用

人に対して何か発言をするということは、余程気をつけなくてはなりません。

自分が思っていた展開ではなく、まったく違う解釈をされることも多々あることでしょう。

それは、伝え方がよくなかった、ということもあるかもしれませんが、最も大きな要因であり見逃してしまうことの中に、人と自分は違うということがあります。

育った環境が違えば、価値観も違います。思想も思考も、こちらからは想像も付かないようなものかもしれません。

自分が分かるように話す、丁寧に話すのでは足りないのです。

その相手に合った話し方、その相手だからこそ伝わる伝え方をしなくてはなりません。

人の個性を意識すること、思いを巡らすこと、それは特別難しいことではなく、ちょっとした心の働きによるもの。

そして、言葉を気をつけること。

言葉を出す前に、一呼吸置くクセができれば、人に合った話し方というのも、身についてくることでしょう。