移り変わりを知り、執着から離るる日

☆うま年…午前曇って後に晴れるような、だんだん吉運に向う日

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月13日から引用

人生において、運気というものは常に上がり続ける、という訳にはまいりません。

何事もバランスが重要であり、隆沈あればこそ、それぞれの人生の味わいを楽しめるというもの。

もしも、今の自分の状態について悩むことがあったとしても、そのことにとらわれぬように。

物事は、執着するから停滞するのです。

ありのままに受け止めておれば、雨止み、曇去り、晴れ渡るように、光も差してくることでしょう。

人生の変化は楽しむものであり、執着するものではないと知って、万事好転するを得る好日。

他の解説を読む

  • 素直であるということについて素直であるということについて ☆い年…疑心は素直でないから禍を招きやすい。素直に立ち返れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月15日から引用 素直であるということについて。 素直になりなさいと、両親や目上の方に言われたこ […]
  • 後悔しない人生のために後悔しない人生のために ☆とり年…金銀財宝は再び得られるが青春は二度と来ない 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月13日から引用 誰にとっても「今」この瞬間というのは一度限りのもの。 同じ時というのは、二度と来るこ […]
  • 今を生きている意味に気付くとき今を生きている意味に気付くとき ☆いぬ年…人間に生まれることは難中の難と知る者が人生の成功者 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月14日から引用 自分がどうして人間として地球に生まれてきているのか、考えたことはありますか。 […]
  • 流されない自分らしい生き方について流されない自分らしい生き方について ☆さる年…自分が生活するのではなく、生活が自分を形成する 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月12日から引用 人生の生き甲斐とは何でしょう。 人それぞれ、頭に浮かぶ生き甲斐は違うでしょうが、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村