他者との関わりを誤らぬように

☆み年…人が背こうとも自らは人に背かぬ様に。腹立つ事あるが成長の基とせよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月12日から引用

人が生きるとは、他者と関わるということ。

一人で生きているような気分であっても、この世界に存在しているということは、他者の働きなくしては、あり得ません。

過去の先人達の働き、今を生きる人達の働きによって、食べるものを得、着るものを得、住むところを得ている。

さて、そうして関わらざるを得ない他者ですが、中には、どうしても反りが合わない方々もいることでしょう。

また、どうにも要領を得なくて、放っておきたくなる方もいることでしょう。

他者との相性というのは、どうしても有りますが、大切なのは、人を欺いたり、背いたりすることのないようにすること。

他者との関わりは、自分を最も成長させるものです。そのために、家族の中で問題を抱えている方も多いはず。

家族とは、最も関わりの深い他者、そこで学び得るものは、人生の最良の糧となることでしょう。

しかし、進んでいくというのは、ただ人間関係を整理していけばいいという話ではありません。

背く、欺くことなく、自分の道を進んでいくということ。

その道を共に歩めないのならば、無理に歩む必要はないのです。しかし、それを決めるのは、相手であるということ。

自分が合わないからといって切り捨てるのでなく、自分本来の生き方を正しく進んでいくことによって、結果的に合う人が残り、合わない人は去っていく。

すべては自分がどういう状態であるか、による働きであると心得ましょう。

他の解説を読む

  • 今を生きている意味に気付くとき今を生きている意味に気付くとき ☆いぬ年…人間に生まれることは難中の難と知る者が人生の成功者 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月14日から引用 自分がどうして人間として地球に生まれてきているのか、考えたことはありますか。 […]
  • 流されない自分らしい生き方について流されない自分らしい生き方について ☆さる年…自分が生活するのではなく、生活が自分を形成する 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月12日から引用 人生の生き甲斐とは何でしょう。 人それぞれ、頭に浮かぶ生き甲斐は違うでしょうが、 […]
  • 後悔しない人生のために後悔しない人生のために ☆とり年…金銀財宝は再び得られるが青春は二度と来ない 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月13日から引用 誰にとっても「今」この瞬間というのは一度限りのもの。 同じ時というのは、二度と来るこ […]
  • 真理とは何か真理とは何か ☆ひつじ年…真理は人間がつくったものではないが発見と体得はできる 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月11日から引用 この世の真理とは、どこにあるのでしょう。 大臣の中に、教授の中に、科学者 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村