意識を変えれば世界が変わる

☆う年…自分一人では何事も成らず。相手を敬いて大吉

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月10日から引用

物事が上手く運ばないとき、どうするべきか。

人生が波に乗り発展していかないとき、どうするべきか。

とかく人は、焦り、苛立ち、更に一歩を踏み出そうとすることでしょう。

もしくは、変化の時節をじっと待ち耐えるかもしれない。

しかし、その行動は、今までの自分と違いがあるでしょうか。

今まで物事が好転してこなかった自分と同じ行動をとったところで、今回良い結果が得られる、ということにはなり得ません。

物事を成すためには、自分の毎日の意識を変えていかねばならぬのです。

独りで頑張り、独りで切り開いていくと思うなかれ。

意識を内に内に閉じ込めるのでなく、内観しながらも、外で起こる物事に敏感であるように。

変化の兆し、発展の種というのは、求める心があれば、外からもたらされるもの。

人を敬い、物事を丁寧に為していくことを忘れずに心を開けば、思いもよらぬ発展を目の当たりにすることでしょう。

心は常に跳ねやかにあれ。

他の解説を読む

  • 人は、自分の認識によって世界を創る人は、自分の認識によって世界を創る ☆い年…人の過失をいつまでも責めず、放置もせず。よく修正して禍なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月18日から引用 物事というのは、自分の捉え方によって、その意味合いが違ってまいります。 […]
  • どう生きるべきなのか、改めるときどう生きるべきなのか、改めるとき ☆とり年…鶏鳴きても起きぬと夕暮れに悔いあり。本日は活躍の兆しあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月16日から引用 物事には、道理というものがあります。 自然界は、この道理で成り立っており […]
  • 人の上に立つ者とは人の上に立つ者とは ☆いぬ年…一家でも一国家でも上に立つ者によりて吉凶が変わる 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月17日から引用 人の上に立つ、というのは余程の人格者でなくてはいけません。 本当に人格者のある者 […]
  • 焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき ☆さる年…急いで為した事に良き事は無い。ゆっくりと事を為すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月15日から引用 日頃から、やるべきこと、やらなければならぬことを意識する事は、大切なこと。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村