自分の本質と出会うために

☆とら年…自己を習うなり。自己を習うには良師を探すが肝心

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月9日から引用

皆さま、自分の本質をどのようにお考えでしょうか。

子供の時分に、自分の短所と長所を書かされたことがあるかと思いますが、自分の本質をその延長で考えてはいけません。

本質とは、魂としての性分のこと。

人は生きながらに、その本質の上へ、様々な価値観を塗り固めていきます。

親から教えられた価値観、社会から与えられた価値観、世間で生き抜くために変容させた価値観、そのどれもは、後天的な性質であり、自分の本質とは、かけ離れたもの。

様々な価値観によって、自分の本質を見失った状態というのが、今の我々なのです。

さて、自分がどう生きるべきなのか、ということについては、自分の本質はどのようなものなのか、ということを知らなくてはなりません。

知る努力をしなくてはなりません。

自己の本質に習うことこそ、この世で自分を活かしていく術となるのです。

そのためにも、植え付けられ、身についてしまった様々な価値観は、拭い捨てなければなりません。

正しさを、正しく見つめること。

変化をおそれないこと。

自分ひとりで進むことは難しいでしょう。自分を外側から導いて下さる存在が必要です。

それは、人かもしれないし、本かもしれない、情報かもしれない。

そういった良い師に出会い、自分の凝り固まりをほぐしていく。そうしていくことで、初めて自分の本質と出会うことができるでしょう。

人は、本質で生きてこそ、活かされるのです。

 

他の解説を読む

  • 人は、自分の認識によって世界を創る人は、自分の認識によって世界を創る ☆い年…人の過失をいつまでも責めず、放置もせず。よく修正して禍なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月18日から引用 物事というのは、自分の捉え方によって、その意味合いが違ってまいります。 […]
  • どう生きるべきなのか、改めるときどう生きるべきなのか、改めるとき ☆とり年…鶏鳴きても起きぬと夕暮れに悔いあり。本日は活躍の兆しあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月16日から引用 物事には、道理というものがあります。 自然界は、この道理で成り立っており […]
  • 人の上に立つ者とは人の上に立つ者とは ☆いぬ年…一家でも一国家でも上に立つ者によりて吉凶が変わる 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月17日から引用 人の上に立つ、というのは余程の人格者でなくてはいけません。 本当に人格者のある者 […]
  • 焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき ☆さる年…急いで為した事に良き事は無い。ゆっくりと事を為すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月15日から引用 日頃から、やるべきこと、やらなければならぬことを意識する事は、大切なこと。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村