自分の本質と出会うために

☆とら年…自己を習うなり。自己を習うには良師を探すが肝心

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月9日から引用

皆さま、自分の本質をどのようにお考えでしょうか。

子供の時分に、自分の短所と長所を書かされたことがあるかと思いますが、自分の本質をその延長で考えてはいけません。

本質とは、魂としての性分のこと。

人は生きながらに、その本質の上へ、様々な価値観を塗り固めていきます。

親から教えられた価値観、社会から与えられた価値観、世間で生き抜くために変容させた価値観、そのどれもは、後天的な性質であり、自分の本質とは、かけ離れたもの。

様々な価値観によって、自分の本質を見失った状態というのが、今の我々なのです。

さて、自分がどう生きるべきなのか、ということについては、自分の本質はどのようなものなのか、ということを知らなくてはなりません。

知る努力をしなくてはなりません。

自己の本質に習うことこそ、この世で自分を活かしていく術となるのです。

そのためにも、植え付けられ、身についてしまった様々な価値観は、拭い捨てなければなりません。

正しさを、正しく見つめること。

変化をおそれないこと。

自分ひとりで進むことは難しいでしょう。自分を外側から導いて下さる存在が必要です。

それは、人かもしれないし、本かもしれない、情報かもしれない。

そういった良い師に出会い、自分の凝り固まりをほぐしていく。そうしていくことで、初めて自分の本質と出会うことができるでしょう。

人は、本質で生きてこそ、活かされるのです。

 

他の解説を読む

  • 今を生きている意味に気付くとき今を生きている意味に気付くとき ☆いぬ年…人間に生まれることは難中の難と知る者が人生の成功者 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月14日から引用 自分がどうして人間として地球に生まれてきているのか、考えたことはありますか。 […]
  • 流されない自分らしい生き方について流されない自分らしい生き方について ☆さる年…自分が生活するのではなく、生活が自分を形成する 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月12日から引用 人生の生き甲斐とは何でしょう。 人それぞれ、頭に浮かぶ生き甲斐は違うでしょうが、 […]
  • 後悔しない人生のために後悔しない人生のために ☆とり年…金銀財宝は再び得られるが青春は二度と来ない 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月13日から引用 誰にとっても「今」この瞬間というのは一度限りのもの。 同じ時というのは、二度と来るこ […]
  • 真理とは何か真理とは何か ☆ひつじ年…真理は人間がつくったものではないが発見と体得はできる 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月11日から引用 この世の真理とは、どこにあるのでしょう。 大臣の中に、教授の中に、科学者 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村