2018解説

人生において大切にすべきは何か

☆ね年…平素を大切にすれば人生の悦楽あり。非常を好まぬように

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月7日から引用

人はとかく、普段と違う出来事にこそに価値を見出し、その思い出に浸り、またその物事を望むことでしょう。

ひと夏の思い出、一度きりの贅沢、そういった一瞬のきらめきに、心奪われてしまう。

体験した後は、その出来事を振り返っては、頭の中で何度も反芻し、現実を生きる糧にするかもしれない。

しかし、それこそ正に愚直の為せる術。

生きる現実の毎日に目を瞑り、空想に生きるというのは、地獄の釜で煮られながら笑っているのと同じこと。

何をされても気付かない鈍感さが育ってゆき、自分の本質で生きることなど、到底叶わないことでしょう。

生きるというのは、地に足を着けるということ、そして毎日を大切に過ごすということです。

大切にすべきを見間違えてはいけません。