人生において大切にすべきは何か

☆ね年…平素を大切にすれば人生の悦楽あり。非常を好まぬように

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月7日から引用

人はとかく、普段と違う出来事にこそに価値を見出し、その思い出に浸り、またその物事を望むことでしょう。

ひと夏の思い出、一度きりの贅沢、そういった一瞬のきらめきに、心奪われてしまう。

体験した後は、その出来事を振り返っては、頭の中で何度も反芻し、現実を生きる糧にするかもしれない。

しかし、それこそ正に愚直の為せる術。

生きる現実の毎日に目を瞑り、空想に生きるというのは、地獄の釜で煮られながら笑っているのと同じこと。

何をされても気付かない鈍感さが育ってゆき、自分の本質で生きることなど、到底叶わないことでしょう。

生きるというのは、地に足を着けるということ、そして毎日を大切に過ごすということです。

大切にすべきを見間違えてはいけません。

他の解説を読む

  • 苦労と喜びについて苦労と喜びについて ☆たつ年…雨上がりて松の葉が美しい。苦労の後にすがすがしき事が到来 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月8日から引用 人は、生きていく限り、昨日よりも今日、今日より明日と、経験を重ね進んでおります […]
  • 自由であるが故の慎みについて自由であるが故の慎みについて ☆とら年…優れし人間は目に見えぬ天意に敬意をもちて慎む 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月6日から引用 人はみな、自身の自由意志によって行動を選択しております。 その時々にどのような行動を […]
  • 自分に与えられる恵みについて自分に与えられる恵みについて ☆う年…求める以前に与えられている。大いなる恵みに目覚める日 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月7日から引用 みなさまの夢は何ですか、希望は何ですか。 叶えたい願いがあり、日々精進されてい […]
  • 物事には差がないということを知る物事には差がないということを知る ☆うし年…一事一物の尊さを知るのは心の練れた人である 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月5日から引用 起こる物事には多重性があります。 同じ物事であっても、捉える人によって、それぞれその様 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村