楽しむということの本質とは如何

☆い年…自然の楽しみを語る者は都会の楽しみも知る者。一方極めればもう一方も極まる

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月6日から引用

物事を楽しむとは、単に道楽にかまけることを指すのではありません。

楽しむとは、智慧を以て、その場を感じきるということ。

古くからの娯楽は、正にそのことを暗にしておりますが、舞踊然り、狂言然り、相当の知識を有することにより、楽しみに成り得ること。

無知でいては楽しみきることはできないのです。

それは、人生においても然り。

どんな場においても楽しむことができるというのは、世界を感じ取る感性と、正しく判断をする智慧が必要。

その2つが正しく備わったのなら、自然であれ、都会であれ、楽しみを以て感じることができることでしょう。

ただ五感を刺激するだけの道楽に夢中にならぬように。真の楽しみを知るとき。

他の解説を読む

  • 人生という道の小石について人生という道の小石について ☆み年…存分に進むが、小石につまずき易し。注意すればよし 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月9日から引用 人生を歩んで行きますと、物事が加速していく時があります。 今まで起こらなかった思い […]
  • 自分に与えられる恵みについて自分に与えられる恵みについて ☆う年…求める以前に与えられている。大いなる恵みに目覚める日 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月7日から引用 みなさまの夢は何ですか、希望は何ですか。 叶えたい願いがあり、日々精進されてい […]
  • 苦労と喜びについて苦労と喜びについて ☆たつ年…雨上がりて松の葉が美しい。苦労の後にすがすがしき事が到来 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月8日から引用 人は、生きていく限り、昨日よりも今日、今日より明日と、経験を重ね進んでおります […]
  • 自由であるが故の慎みについて自由であるが故の慎みについて ☆とら年…優れし人間は目に見えぬ天意に敬意をもちて慎む 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月6日から引用 人はみな、自身の自由意志によって行動を選択しております。 その時々にどのような行動を […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村