足るを知るとは程度を見極めるということ

☆いぬ年…塩分は必要であるが取りすぎれば害となる。程度を知るべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月5日から引用

何事にも程度というものがございます。

どんな良薬であっても、摂り過ぎは毒。

私たち凡夫の生活において、特にしてしまいがちなのは、身体に良いと言われるものを頑なに食べ続けるということ。

人には様々な段階があり、その都度必要な食事というものは違います。ある時に必要な食材であっても、一年後には必要でない、別の食材を欲するかもしれません。

しかし人は、その食材を良いと思い込み、頑なに食べ続けるのです。その結果、身体に余分な要素として毒となった食材が、病気というカタチで表れることになる。

これは食に対する執着です。

このことは何も食事に限ったことではなく、生活のあらゆる面において、足るを知る尺度が必要なのです。

大切なことは、食材や運動などの要素ではなく、その要素を見極めて正しく用いることのできる智慧であることを心得ましょう。

程度を見極めるためには、自分の身体の声に耳を傾けること、必要であることと必要でないことに気付くこと。自分の感じていることを信じて邁進いたしましょう。

他の解説を読む

  • 自分の求めているものは何か自分の求めているものは何か ☆うま年…支配し、横暴なれば滅び行くこと早し 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月10日から引用 権力による支配、それは利権による統治ともいえます。 本当に大切なものが何であるのか、そこに目 […]
  • 苦労と喜びについて苦労と喜びについて ☆たつ年…雨上がりて松の葉が美しい。苦労の後にすがすがしき事が到来 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月8日から引用 人は、生きていく限り、昨日よりも今日、今日より明日と、経験を重ね進んでおります […]
  • 人生という道の小石について人生という道の小石について ☆み年…存分に進むが、小石につまずき易し。注意すればよし 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月9日から引用 人生を歩んで行きますと、物事が加速していく時があります。 今まで起こらなかった思い […]
  • 自分に与えられる恵みについて自分に与えられる恵みについて ☆う年…求める以前に与えられている。大いなる恵みに目覚める日 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月7日から引用 みなさまの夢は何ですか、希望は何ですか。 叶えたい願いがあり、日々精進されてい […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村