水の性質から学ぶべきこと

☆とり年…水は変幻自在。環境変われども水のごとく柔らかい心にて安穏

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月4日から引用

水とは、受け入れる力。

水には、どのような障害であっても、全てを包み込む包容力があります。

また、環境に応じて、氷にもなれば水蒸気にもなる。あるがまま、周りの変化を受け入れているのです。

さて、人の心も水のようにありたいものですが、なかなかそうもいきません。

そうなれない要因の一つとして、自分の居場所を確保しようとする、ということが言えるでしょう。

絶対に自分は此処が良いと、断固として動かない姿勢は、場所に対する執着とともに、心にも大きなエゴを生み出すことになるでしょう。

エゴは身体を硬くさせ、水のように変幻自在とはいかなくなります。

物事は、固執するのでなく、あるべき姿になるべき。人は、本当に必要な所には、執着せずとも運ばれていきます。

そのために必要なことは、水のような性質であることを心得ましょう。

さらさらと柔らかく、すべてを包み込む水のように。

他の解説を読む

  • 与える喜びと感謝を知る与える喜びと感謝を知る ☆うし年…恩恵の報いを求めなければ後に楽しき事が必ずある 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月6日から引用 他者や世の中の為の行動であっても、必ずしも良いことになっていると思えないことがあります。 […]
  • 過去に縛られ生きている人々へ過去に縛られ生きている人々へ ☆い年…過去の誉れより今後の謗りがなきように。未来悪ければ過去の栄光も水の泡 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月4日から引用 世の中の大抵の人は、過去の中を生きております。 子供の時分に親に […]
  • 人が背負う価値観について人が背負う価値観について ☆ね年…子供が仲良く遊ぶ象。何事も邪心なくして喜び多し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月5日から引用 人と人は、謀り事なくまっさらな状態で接し合うことが出来れば、お互いがお互いを優しさで包み合う […]
  • 発する言葉に気を付ける発する言葉に気を付ける ☆いぬ年…仁丹を噛みて口中爽やか。本日は良き言葉を出して吉日なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月3日から引用 人の口というのは、日々汚れてしまうものであります。 思い返して頂きたいのです […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村