水の性質から学ぶべきこと

☆とり年…水は変幻自在。環境変われども水のごとく柔らかい心にて安穏

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月4日から引用

水とは、受け入れる力。

水には、どのような障害であっても、全てを包み込む包容力があります。

また、環境に応じて、氷にもなれば水蒸気にもなる。あるがまま、周りの変化を受け入れているのです。

さて、人の心も水のようにありたいものですが、なかなかそうもいきません。

そうなれない要因の一つとして、自分の居場所を確保しようとする、ということが言えるでしょう。

絶対に自分は此処が良いと、断固として動かない姿勢は、場所に対する執着とともに、心にも大きなエゴを生み出すことになるでしょう。

エゴは身体を硬くさせ、水のように変幻自在とはいかなくなります。

物事は、固執するのでなく、あるべき姿になるべき。人は、本当に必要な所には、執着せずとも運ばれていきます。

そのために必要なことは、水のような性質であることを心得ましょう。

さらさらと柔らかく、すべてを包み込む水のように。

他の解説を読む

  • 自分の求めているものは何か自分の求めているものは何か ☆うま年…支配し、横暴なれば滅び行くこと早し 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月10日から引用 権力による支配、それは利権による統治ともいえます。 本当に大切なものが何であるのか、そこに目 […]
  • 苦労と喜びについて苦労と喜びについて ☆たつ年…雨上がりて松の葉が美しい。苦労の後にすがすがしき事が到来 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月8日から引用 人は、生きていく限り、昨日よりも今日、今日より明日と、経験を重ね進んでおります […]
  • 人生という道の小石について人生という道の小石について ☆み年…存分に進むが、小石につまずき易し。注意すればよし 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月9日から引用 人生を歩んで行きますと、物事が加速していく時があります。 今まで起こらなかった思い […]
  • 自分に与えられる恵みについて自分に与えられる恵みについて ☆う年…求める以前に与えられている。大いなる恵みに目覚める日 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月7日から引用 みなさまの夢は何ですか、希望は何ですか。 叶えたい願いがあり、日々精進されてい […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村