水の性質から学ぶべきこと

☆とり年…水は変幻自在。環境変われども水のごとく柔らかい心にて安穏

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月4日から引用

水とは、受け入れる力。

水には、どのような障害であっても、全てを包み込む包容力があります。

また、環境に応じて、氷にもなれば水蒸気にもなる。あるがまま、周りの変化を受け入れているのです。

さて、人の心も水のようにありたいものですが、なかなかそうもいきません。

そうなれない要因の一つとして、自分の居場所を確保しようとする、ということが言えるでしょう。

絶対に自分は此処が良いと、断固として動かない姿勢は、場所に対する執着とともに、心にも大きなエゴを生み出すことになるでしょう。

エゴは身体を硬くさせ、水のように変幻自在とはいかなくなります。

物事は、固執するのでなく、あるべき姿になるべき。人は、本当に必要な所には、執着せずとも運ばれていきます。

そのために必要なことは、水のような性質であることを心得ましょう。

さらさらと柔らかく、すべてを包み込む水のように。

他の解説を読む

  • 人は、自分の認識によって世界を創る人は、自分の認識によって世界を創る ☆い年…人の過失をいつまでも責めず、放置もせず。よく修正して禍なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月18日から引用 物事というのは、自分の捉え方によって、その意味合いが違ってまいります。 […]
  • どう生きるべきなのか、改めるときどう生きるべきなのか、改めるとき ☆とり年…鶏鳴きても起きぬと夕暮れに悔いあり。本日は活躍の兆しあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月16日から引用 物事には、道理というものがあります。 自然界は、この道理で成り立っており […]
  • 人の上に立つ者とは人の上に立つ者とは ☆いぬ年…一家でも一国家でも上に立つ者によりて吉凶が変わる 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月17日から引用 人の上に立つ、というのは余程の人格者でなくてはいけません。 本当に人格者のある者 […]
  • 焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき ☆さる年…急いで為した事に良き事は無い。ゆっくりと事を為すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月15日から引用 日頃から、やるべきこと、やらなければならぬことを意識する事は、大切なこと。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村