真の愛を考える

☆さる年…胎児以前の細胞から子を思う、母の願力を忘れてはならぬ

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月3日から引用

禅の問答に「父母未生以前本来面目如何」というものがあります。

これは、夏目漱石が円覚寺で参禅した際に釈宗演老子が提示した問答ですが、両親が生まれる前の自分とは何か、というもの。

子供というものは、間違いなく両親から作られており、母親の胎内で育ち、生を受けます。

親子とは、正に血肉の関係といえるでしょう。

しかし、その肉体に宿る魂は、両親から作られたものではありません。

私たちは、両親がいなければ生まれることは出来ない、しかし、存在しないという訳ではないのです。

魂として在り続けるということ。

父母未生以前本来面目とは、親子の絆と、執着を表しているのです。

気をつけなければならないことは、子供を自分の一部として考えないことです。

親子の絆は大切なものですが、それは深い縁として、それぞれの人格は全くの他人であるということを、見失ってはなりません。

親子に限らず、愛と尊厳を以て人と接すること、それにより、人生は全く違うものになるでしょう。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村