真の愛を考える

☆さる年…胎児以前の細胞から子を思う、母の願力を忘れてはならぬ

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月3日から引用

禅の問答に「父母未生以前本来面目如何」というものがあります。

これは、夏目漱石が円覚寺で参禅した際に釈宗演老子が提示した問答ですが、両親が生まれる前の自分とは何か、というもの。

子供というものは、間違いなく両親から作られており、母親の胎内で育ち、生を受けます。

親子とは、正に血肉の関係といえるでしょう。

しかし、その肉体に宿る魂は、両親から作られたものではありません。

私たちは、両親がいなければ生まれることは出来ない、しかし、存在しないという訳ではないのです。

魂として在り続けるということ。

父母未生以前本来面目とは、親子の絆と、執着を表しているのです。

気をつけなければならないことは、子供を自分の一部として考えないことです。

親子の絆は大切なものですが、それは深い縁として、それぞれの人格は全くの他人であるということを、見失ってはなりません。

親子に限らず、愛と尊厳を以て人と接すること、それにより、人生は全く違うものになるでしょう。

他の解説を読む

  • 過去に縛られ生きている人々へ過去に縛られ生きている人々へ ☆い年…過去の誉れより今後の謗りがなきように。未来悪ければ過去の栄光も水の泡 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月4日から引用 世の中の大抵の人は、過去の中を生きております。 子供の時分に親に […]
  • 先見の明を持つ先見の明を持つ ☆とり年…政治でも経済でも人生でも、未来を予想しなければ何事も出来ず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月2日から引用 この世の中を渡っていくにあたり、重要なポイントがいくつかございますが、本日はそ […]
  • 発する言葉に気を付ける発する言葉に気を付ける ☆いぬ年…仁丹を噛みて口中爽やか。本日は良き言葉を出して吉日なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月3日から引用 人の口というのは、日々汚れてしまうものであります。 思い返して頂きたいのです […]
  • 欲望という自由意志の選択について欲望という自由意志の選択について ☆さる年…欲望に呑まれれば自分をも蝕むと知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月1日から引用 この世の中を生きていくというのは、完全なる自由意志のもと選択をしているということ。 与えられた状 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村