真の愛を考える

☆さる年…胎児以前の細胞から子を思う、母の願力を忘れてはならぬ

東京新聞TOKYO Web
平成30年7月3日から引用

禅の問答に「父母未生以前本来面目如何」というものがあります。

これは、夏目漱石が円覚寺で参禅した際に釈宗演老子が提示した問答ですが、両親が生まれる前の自分とは何か、というもの。

子供というものは、間違いなく両親から作られており、母親の胎内で育ち、生を受けます。

親子とは、正に血肉の関係といえるでしょう。

しかし、その肉体に宿る魂は、両親から作られたものではありません。

私たちは、両親がいなければ生まれることは出来ない、しかし、存在しないという訳ではないのです。

魂として在り続けるということ。

父母未生以前本来面目とは、親子の絆と、執着を表しているのです。

気をつけなければならないことは、子供を自分の一部として考えないことです。

親子の絆は大切なものですが、それは深い縁として、それぞれの人格は全くの他人であるということを、見失ってはなりません。

親子に限らず、愛と尊厳を以て人と接すること、それにより、人生は全く違うものになるでしょう。

他の解説を読む

  • 人は、自分の認識によって世界を創る人は、自分の認識によって世界を創る ☆い年…人の過失をいつまでも責めず、放置もせず。よく修正して禍なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月18日から引用 物事というのは、自分の捉え方によって、その意味合いが違ってまいります。 […]
  • どう生きるべきなのか、改めるときどう生きるべきなのか、改めるとき ☆とり年…鶏鳴きても起きぬと夕暮れに悔いあり。本日は活躍の兆しあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月16日から引用 物事には、道理というものがあります。 自然界は、この道理で成り立っており […]
  • 人の上に立つ者とは人の上に立つ者とは ☆いぬ年…一家でも一国家でも上に立つ者によりて吉凶が変わる 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月17日から引用 人の上に立つ、というのは余程の人格者でなくてはいけません。 本当に人格者のある者 […]
  • 焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき焦りは禁物 物事の巡りを信じるとき ☆さる年…急いで為した事に良き事は無い。ゆっくりと事を為すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月15日から引用 日頃から、やるべきこと、やらなければならぬことを意識する事は、大切なこと。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村