2018解説

命の有り難さを知るとき

☆とら年…生命は簡単に出来たわけではない。物事を大切にすべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月27日から引用

みなさま、今朝は朝ご飯を食べましたか。

ご飯を頂くときに、「いただきます」と手を合わせていらっしゃるでしょうか。

いただきますとは、命をいただきますということ。有り難く、手を合わさずにはいられないということです。

いつしか、その心を忘れてはいませんか。

命を育てたことのある方は、お分かりのことと思いますが、生きていく・育っていくとは、簡単なことではありません。ましてや、その命が生まれることというのは、神秘そのものです。

近頃は、畜産や養殖といった仕組みが当たり前となり、命が簡単に消費されています。

生きるためではなく、楽しむための食事に変わり、楽しむ食事から、ただ消費する食事に成り下がっている。

何となく口に詰め込んだその食材の有り難さを知りましょう。

どういった流れで自分の所まで来たのか、どこでどういう風に育ち、今、自分の糧となるためにどう加工されているのか。

想像してください。

思わず、手を合わせずにはいられません。

いただきますに込める感謝の心を知り、その心で以て万事大切に接するように。