2018解説

凝りを知り、真実を知る

☆うし年…身体が凝り心も凝り固まるというが、実は勝手に凝っている

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月26日から引用

身体が凝り、心が凝るのか。心が凝り、身体が凝るのか。

それはどちらでもある、と言えるでしょう。

凝るというのは、感情にとらわれるということ。

緊張したり、力を入れたり、勘違いをしたり、悲観したりする。

自分の価値観というフィルターを通して物事を感じるため、主観的な捉え方によって、物事の真実を感情で理解しようとする。

そうして生まれた感情によって、世界の姿は、事実とは違って見えてきます。

感情は身体の中・心の中で価値観と結びつき、糸が絡むように、凝りとなるのです。

凝りとは、自分が作り出した感情であるということを知りましょう。

物事を俯瞰し、真実を知ろうとすることで、凝りの糸がほぐれてゆき、霧が晴れるように、世界の真の姿が見えてくることでしょう。

凝ったまま、人生を終えぬように。