2018解説

仕事の本質を見つめる

☆とり年…悪銭は身に付かず。道に適わぬ事を為さず忍耐して吉なる

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月22日から引用

みなさま、お仕事をされているかと思います。

仕事に対する想いというのは人それぞれですが、生きていくため、お金のために働くのが基本かと思います。

それは当然の事実ですが、今ご自身がされている仕事について、胸を張って言える方はどの位いらっしゃるでしょうか。

大手に勤めているから胸を貼れるというのは、ただの見栄です。

世間に見栄を張れるか、ということではありません、自分の良心と本質の問題です。

やりたいことが出来ている、出来ていないということはあるかと思いますが、仕事をするということと、やりたいことをするということを等しく考えてはいけません。

仕事とは、やりたいことをすることではないのです。

やりたいことをしてそれが仕事になる、それは一つの理想のように語られていますが、仕事とは、やりたいことではなく、やらざるを得ないものと考えてください。

それは、やりたくない仕事をやらざるを得ないのではなく、居ても立ってもいられない、という意です。

自分の良心・本来性からして、見過ごせない、居ても立ってもいられないことが仕事であり、人の役に立つということ。

人の役に立たずにはいられないのが、仕事の本質です。

どのような仕事の場においても、人の役に立つことは出来ます。仕事の場が問題ではありません。

今、必要な場にあなたは居り、勤めている。

その場で何が出来るのか、何をすべきなのか、改めて考えてみましょう。

そしてもし、良心の呵責を覚えるような仕事をしているのなら、それは辞めるか、やり方を変えるべきこと。

為すことと、為さぬことを見極めて吉運となる。