コンプレックスは、執着である

☆み年…自己の個性に固執することなかれ。されば万事よく発展する

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月18日から引用

人にはそれぞれ個性があります。同じ人など一人もおらず、皆それぞれの特徴があります。

それは、人としての味わいでもあります。

さて、他人と違うこの個性について、とかく人は他人と比べ、優劣をつけたがります。

自分の、他人よりも劣っているだろう所を探し、その改善に努めたり、コンプレックスとして認識することもあるでしょう。

しかし、どういう捉え方をした所で、個性が変わる訳ではありません。生まれ持った個性は、一生背負っていくのです。

その個性を否定するということは、自分自身を否定するということ。そういう生き方をしていても、心が辛いだけでしょう。

個性は、比較するものでも、否定するものでもないのです。どんなに嫌だと思っても、どうにもならないのです。

そうは言っても、受け入れられないと思うでしょう、しかし、そんなことをしていては、人生は終わってしまいます。

どういう生き方をするのかは自由ですが、変わりたいと思っている変わらない自分に執着しているのは、自分自身なのだと気付きましょう。

自分の個性を受け入れていかなくては、人生は何も始まりません。

個性に固執することなく、受け入れていきましょう。個性を否定せず受け入れることができれば、人生は違った展開になります。

それが正に、自分らしく生きるということ。

自分らしく生きている人ほど、魅力的な人はいません。自分の魅力が開くというのは、個性を受け入れた時だと気付きましょう。

他の解説を読む

  • 物事を選択を見極めるために物事を選択を見極めるために ☆み年…他所へ行きて御馳走あれども酒に味なし。活気あれども喜び少なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月17日から引用 人は、五官で感じたことを認識することにより、自分の世界を形成しております。 […]
  • 名案が生まれるために名案が生まれるために ☆み年…賢者は敵から多く学ぶ。反抗者から名案が生まれる 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月6日から引用 いつの時代であっても、優れた名案というのは、議論の中から見出されてきました。と、言いたいとこ […]
  • 特別な時とは何か特別な時とは何か ☆み年…今日のただ今を離れては何も成さず。歴史的な現実の今日を大切にせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月30日から引用 今この瞬間というものが特別でないのなら、一体どの瞬間が特別なのか。 […]
  • 解説(1日・み)解説(1日・み) ☆み年…気長く心穏やかで、朝夕の食を誉め不自由と倹約を喜びて難なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年1月1日から引用 人は、どうしても足りないものを求めてしまいます。時間がない、お金がない、もっと良 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村