一生懸命によって苦しんでいる方へ

☆うし年…まず自己を信じる事。自己を信じる者を他人も信じる

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月14日から引用

人に信じてもらいたい、説得力を持ちたいと思ったら、言葉を重ねたり、行動を起こす前にすべき事があります。

それは、自分を信じるということ。

人の信頼を得るに相応しい人間なのだと、自分が自分のことを思えなければ、自信の無さというものは雰囲気や言動に滲み出てまいります。

焦る気持ちで一生懸命に物事に取り組んだところで、空回りで終わることもあるでしょう。

一生懸命にしているから叶うはずだ、そうして叶わないのなら、もうどうしていいか分からない、そう思ってはいませんか。

一生懸命になることは悪いことではありませんが、一生懸命に取り組んだら叶うと思ってはいけません。

見当違いの一生懸命も多々あるということを、忘れてはなりません。物事は、一生懸命にすれば叶う訳ではないのです。

物事を叶えていく、人の信頼を得ていくというのは、もちろん物事に取り組む姿勢というのは非常に重要ですが、それよりも、自分を信じて限界を決めずに、日々出来ることを怠らないということが必要なのです。

物事にとらわれず、価値観に縛られず、必ず叶うと信じて、日々コツコツと積み重ねていく。

短期間に懸命になるのではなく、コツコツと積み重ねていく。

そうした積み重ねが、自分の自信となり、人の信頼となるのです。

力の入れ方を変えて物事に取り組んでみましょう。人が変わっていくとは、日々の積み重ねとポイントを逃さないということに尽きます。

日頃から一生懸命になりすぎて、ポイントを見逃さないようにしましょう。

ポイントにおいては懸命に取り組み、日々はコツコツと積み重ねる。

それが人生における絶妙な力加減となるでしょう。

他の解説を読む

  • 相手との距離感・関係性について相手との距離感・関係性について ☆うし年…おべっかを言う者に用心せよ。人の悪口を言う者も避けるべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月27日から引用 人と人の付き合い方について。 お世辞を言い、持ち上げることで寄り添おうと […]
  • 考えるという思考から離れることで広がる未来があります考えるという思考から離れることで広がる未来があります ☆うし年…考えすぎると決断が鈍くなる。天地自然に任すべし。自ずから開運 東京新聞TOKYO Web 平成30年2月2日から引用 何か行動する時に、よく考えてから行動をする、ということがあるかと思います。 […]
  • 身も心も忙しいときに考えるべきこととは身も心も忙しいときに考えるべきこととは ☆うし年…あまりに多忙過ぎて余裕なし。一休みせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月22日から引用 やることが多く、多忙だということは、人によっては嬉しい悲鳴の人もいらっしゃることでしょう。 […]
  • 解説(22日・うし)解説(22日・うし) ☆うし年…心がのびのびしてにこやかな人は修養の徳を重ねし結果なり 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月22日から引用 穏やかで心が伸びやかな方は、接する人や場所を和やかにすることができる。そうした […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村