2018解説

言葉と動作の説得力について

☆ね年…言葉や動作は重んじて厚くするべし。軽ければ信頼なし

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月13日から引用

人の生き様というものは、その人の言葉や動作に表れてまいります。

どういう志を持って、どう過ごしているのか、日々の積み重ねが、表面化されるのです。

そのため、重要な場面だけ良いように取り繕うということは、通用しないでしょう。

積み重ねていない言葉や動作には、どうしても軽さが見えるもの。そこに信頼は生まれません。

言葉や動作というのは、日々の過ごし方によって重みや厚みが増していく。自分の行動・言動に責任を持つこと、その積み重ねによって、説得力が生まれるのです。

取り繕うことを止めて、実行力と責任感を持ちましょう。人としての説得力は、そうして育まれていくのです。