自己と他人を隔てている認識に気付く

☆い年…人生の究極は相手もこちらもない事なり。喜怒を共にすべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月12日から引用

私たちは日頃から、自分という意識と、他者という存在を分けて認識しております。

その両者分けるものは何でしょうか。

他者を他者として、世界からも切り離し個々に区別する認識は、自分の猛烈な自我によってもたらされます。

それぞれの存在に対して、個別に差別的な認識を持ち、好き嫌いや、善し悪しを、自我の勝手な尺度で測っている。

しかし、そうした差別的で排他的な認識は、改めていかなくてはいけません。

結局のところ、この認識というのは、自己防衛本能の延長なのです。

自分を守るために寄せ付けない、予めどういう人物なのか判断しておく。

こうした感覚によって、まるで自分を守っているつもりでしょうが、これは、自分の世界を狭めていくだけのこと。

正しい感性の有り様というのは、自我によって世界を分けていくことではなく、判断・ジャッジをしないことによって、偏見から離れて、物事をありのままに見つめるということ。

自分と他人の間にある、我が儘な自己防衛本能という偏見の壁を取り払い、あるがままの世界を受け入れることで、人生の色合いは、一層深さを増し、豊かな味わいが出てくることでしょう。

他の解説を読む

  • 苦労を苦労と思わなくなったとき苦労を苦労と思わなくなったとき ☆うし年…苦労を受けて立つ事が多ければ多いほど人格は大となる 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月23日から引用 人には、霊格と人格があります。 霊格とは、魂の格のことです。 どのよう […]
  • 新しい視点を得る為に新しい視点を得る為に ☆い年…新規の事や移転、旅行に良き日。ただし盗難に注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月21日から引用 本日、自分にとっての「新しい」と接するに適した日となる。 皆様の毎日は、どのよ […]
  • 時間を大切にすること時間を大切にすること ☆ね年…時間は生命を造る元素である。時間を大切にして吉運来る 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月22日から引用 この世の中において、時の流れは絶対的な要素です。 過去から未来に流れる時間に […]
  • 思考を解き放つということ思考を解き放つということ ☆いぬ年…宗教で教える時間は、時計の時間ではない。精神の奥底に流れる永遠の時である 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月20日から引用 私達には、確かに魂があります。 肉体はいずれ死を迎えま […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村