2018解説

移ろいゆく人生を味わうために、変化の捉え方について

☆いぬ年…花落ちて葉が生ずる。自然に任せて難を乗りきれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月11日から引用

物事というのは、常に移り変わっております。

自然の四季を見れば、それは明らかなことですが、自分たち自身の身に起こることとしては、意外と受け入れ難いものです。

人は、どうしても物事が普遍的であることを望んでしまいがち。いつも変わらないことを安定感と捉えて、変化に対して臆病になってはいませんか。

人の人生もまた、四季のように移ろい変わっていきます。起こる物事も然り。それは、この世の正しい姿。

変わらないものなど存在せず、実は常に変わっていっている。それを認識するのか、知らないフリをするのか、受け入れるのか、拒否するのかによって、人生が好転するか否かが変わってまいります。

物事に対して、常に鷹揚に構えること。そして変化を恐れないこと。

一見すると良くない出来事であっても、そのことも移り変わりの一環。浅はかに恐れないように。

花が散れば青緑の葉が成り、葉が散れば芽が出て花が咲く。どの時節も悪いことはなく、どれも味わい深いもの。

人生もまた、様々な物事が起こり、移り変わるからこそ生きる楽しみとなるのです。

変化することに対して、受け入れない態度で居れば、物事は停滞し、更に物事にとらわれることとなるでしょう。

物事を受け入れる余裕を以て、万事乗り越えていきましょう。目標に対して誠実であれば、自分の身に起こる出来事も、二転三転し、良くなっていくでしょう。